Eatbee キッズ英会話イートビー - English as a tool, Beyond English Education -

英語を話せることは、
ゴールではありません。

英語ぐらい話せないといけない、時代。
けれど、英語さえ話せればいいわけでもない、時代。
大事なのは、積極的に世界と語り合い、
恊働しあう為の「萎縮しない心」。
そして、その基となる「道具としての英語」です。

日本には、震災時にも世界で賞賛された、
「秩序」や「助け合いの心」といった「和」の精神があります。
日本人が「萎縮しない心」と「道具としての英語」を身につけ、
日本人の価値観が世界へと輸出されていったなら、
日本は、世界は、よりよい方向へ向かっていくと、
私たちは信じています。

世界に萎縮せず、世界を特別視せず、
日本人の感性を持ったまま「道具としての英語」を使い、
イキイキとした未来を礎(つく)る。
そんな「ニュータイプの日本人」を目指す、キッズ英会話。
それがEatbee(イート・ビー)です。
外務省・文部科学省出身の私たちが、本気で取り組みます。

日本人らしく世界と渡り合う、
ニュータイプの日本人を目指して。

成果レポート

幼児(4・5歳)

  • movie

    入会時とレッスン風景(3週目)

    小さなお子様の集中力を引き出しつつ、歌って踊って楽しみながら、確実に英語をインプットしていきます。レッスンが楽しいから、みんな、先生にどんどん近寄っていきます。「近い、近い。。。」(笑)

  • movie

    「1.5ヶ月後」の様子

    小さなお子様は模倣学習が得意です。先生の発音、CDの音をしっかりまねて、この時点で、100単語程度の意味を理解し、発音をマスターしています。

  • movie

    「3ヶ月後」の様子

    歌もストーリーも、テキストは耳から覚えてしまいます。さまざまなフレーズの意味を理解できるだけでなく、それを自ら発語できるレベルに引き上げていきます。

小学生

  • movie

    「入会時とレッスン風景(3週目)」

    学習初期は、特に英語のリズムの体得と、口の筋肉を鍛えることを重視。歌をうたったり、身体を動かしたり、子ども英語教育の王道的な学習方法で基盤を作ります。

  • movie

    「1.5ヶ月後」の様子

    テキストを、意味を理解しつつ読むことができるようになりました。学習は耳から行い、全て暗記しています。これにより、必要に応じて記憶から取り出すことができる知識を蓄積しています。

  • movie

    「3ヶ月後」の様子

    歌やストーリーから覚えた表現が、必要な場面で使えるよう、レッスンでは「一往復の受け答え」だけでなく「会話」レベルに引き上げていきます。

Eatbeeの英会話

  • 4〜9歳からスタート

    ※概ね12歳まで学習可能

    英語耳を作るのに適し、かつEatbeeの教授法が最も効果的な年齢。この頃に英語で会話する能力をつけることで、将来の学校における英文法・読解などの英語学習が楽しく効率的になり、飛躍的に英語力が身に付くことが期待できます。

  • 週3回のカリキュラム

    週3回×3ヶ月を1タームにレッスンを実施。週3回を前提としたカリキュラムにより、集中的に英語に触れることで、ただ英語に慣れるだけでなく、3ヶ月ごとに目に見える形で、英語を使いこなせるようになっていくことを目指します。
    (週3回へのこだわり)

  • 自ら「発語」するレッスン

    英語を第二言語として習得する子ども達のために開発された教材を使用。英語の意味やリズムを体得するだけでなく、自発的に発語し、使いこなすことを目標にしたレッスンです。

  • 質の高い講師

    Eatbeeには、「ただネイティブであるだけ」、「ただ子どもを楽しませるだけ」、の講師はいません。Eatbeeの教授法をしっかり訓練し、子ども達の集中力を引き出して、レッスンをきちんと効果的にマネジメントできる講師だけで行います。

  • もちろん楽しい

    Eatbeeは、楽しいことが大前提。広い教室の中をアクティブに移動しながら、絵本や歌を取り入れたり、身体を使ったりするレッスン、さらに、知的好奇心をくすぐるレッスンへと続きます。「習得の自覚」は、楽しさの重要な要素です。

  • 3ヶ月ごとの保護者面談

    Eatbeeでは3ヶ月毎に、お子様の学習状況・学習成果を保護者様に個別にご報告します。3ヶ月毎という短いスパンで、目に見える学習効果をあげるのがEatbee流。保護者様への説明責任を負うことで、お子様の英語習得に全力で取り組むことをお約束します。

主任講師メッセージ

スタッフ

  • 代表:笠井 賢
    文部科学省の官僚として17年、教育行政に関わる。在任中、外務省に出向し、在マレーシア日本国大使館一等書記官として、留学生交流、日本の大学の海外展開等に関する業務に従事。
  • 主任講師:早川 法子
    外務省・在外日本国大使館で10年間、外交に従事。英語を専門言語とし、首相・閣僚級の通訳も担当。メルボルン大学で国際ビジネス修士号を取得。自らが苦労した経験から英語教育に熱意。
Eatbee顧問 中村 滋
駐サウジアラビア日本国特命全権大使、駐マレーシア日本国特命全権大使等を務め、現在は東京大学客員教授。

レッスン日時 / 料金

レッスン日

レッスン日

レッスン時間

レッスン時間

※開設コース・時間についての詳細は、お気軽にお問い合わせください。

レッスン料金

入会金、月謝、教材費

(ステップについて)

(週3回へのこだわり)

表示価格は税別です。別途消費税がかかります。

入会について

対象年齢:4~12歳

入会時期:年4回(3ヶ月毎)。4月・7月・10月・1月がレッスンスタートです。

募集人数に到達次第締め切らせていただきます。お早めにお問い合わせください。

体験レッスンについて

無料体験レッスン(1回)を随時実施しております。
ただしEatbeeのレッスンは、複数でワイワイ行うグループレッスンが基本となります。2名様以上での開講となりますので、お子様の年齢やご希望の日をお伺いした後、無料体験レッスン日時を設定させてていただきます。

週3回へのこだわり

Eatbeeでは、子どもの頃に英語耳を鍛えることで、その後の英語の学習の効果が大きく変わると考えています(主任講師メッセージ参照)。

この時期、英語に親しむだけでは勿体ない。その後の英語学習の土台をしっかりつくるためには、達成感を感じながら学習を進め、集中して積み上げていく必要があると考えています。Eatbeeでは、3ヶ月(36回)を1タームとして英語耳を強化するとともに、各ステップで身につけた表現を、実際の会話で使えるようにしていきます。

週3回通っていただくことは、保護者の皆様にとっても大変なことと、もちろん認識しています。しかしながらEatbeeでは、この時期に集中して積み上げ、短期間で英語を習得していくこと目指したいと考えています。

日本の幼稚園児は、既に日本語を流暢に話します。小学校に入り、中学、高校と進むにつれ、国語をさらに学び、「大人の日本語」を話すようになっていきます。これと同じように、英語も継続して学び続け、「大人の英語」に昇華していく必要があると思います。そのためには、自ら英語の本を読んだり、英語の歌、ニュースや映画に触れたり、外国人と話したりすることなどが必要でしょう。今の時代、基礎となる英語耳を持ってさえいれば、インターネットの利用で、自ら簡単に、英語に触れ、使う機会を作ることができます。また、いわゆる受験英語も、「大人の英語」へと昇華していくためへの有効なステップであると捉えることができると考えます。

そうです、いつまでも英会話学校に通う必要はありません。子どもの時期に集中して英語を習得し、Eatbeeを巣立って欲しいのです。2年ないし3年。もちろん、もっと学びたければその受け皿となりますが、大人になってEatbeeに戻ってくる必要はないのです。

今の子ども達の日常生活は忙しいものです。小学校高学年あたりから、中学校へと進むにつれ、学習塾に通われることも検討されるでしょう。部活動なども活発になるかもしれません。この点からも、4歳~9歳から始め、集中して習得し、巣立っていく…。巣立っていくための週3回です。欠席の振替レッスンも可能な限り用意させていただきます。

週3回。Eatbeeの本気の証です。

閉じる

ステップについて

Eatbeeの教材は「ステップ1」から「ステップ12」までの12段階で構成され、そのほかにフォニックス教材がございます。各ステップごとに小冊子(4~5冊)とCD(1枚)を使用し、3ヶ月から6ヶ月かけて学習していきます。

閉じる

アクセス

Eatbee 亥の子谷教室
〒565-0831 大阪府吹田市五月が丘東13-13
ハタデン亥の子谷ビルD号

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

pagetop